スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

術後 一年半検診 

またまたご無沙汰しております。

先日一年半検診にいってきました。

まったく異常なしとのことでした。




最近の生活では、ほとんど手術のことは忘れてしまっている状態です。

手帳につけていた予定をみて

あっ! 検診だね~。

なんて感じで思い出したぐらいです。(笑)


そのぐらい息子は普通に生活しています。



レントゲン写真をみて先生が

まだ身長のびるなぁ~とのこと。



術後すぐに計った時には8センチも伸びていたのが、

歩くようになってかなり減っていき、

それでもその後5センチぐらいは伸びています。

固定したところは伸びないわけですから、

できれば足だけ伸びてくれるといいけど・・・(笑)



最近になってようやく夏らしい気温になってきたように思いますが、

朝夕はめっきり秋めいてきましたね。

入道雲も今年みたかなぁ~ってぐらい記憶に薄いです。

でも装具治療されていらっしゃ方、または術後の装具をつけられていらっしゃる方々、

辛い時期を乗り切れますよう、

陰ながら応援しています!



そして今側彎でお悩みの方々、

インターネットの中の情報に惑わされることなく

日本側彎学会のHPより、

お近くの専門医のいる病院にいって医師より的確な診断を受けてくださいね。



先生のお話をよく聞いて、

ご自分の質問したいことはメモにまとめていって、

なんでも質問をぶつけてみてください。






どうしても納得がいかなければ、

セカンドオピニオンを取ることも一つだと思います。

私の場合ですが、

とにかくこれまでの人生の中で、

これほど重要な決断をしなければならないことは初めてでしたから・・・

全て納得できないと無理でした。




信頼できる医師との出会いを心よりお祈りしています。






次は2年目検診です。





スポンサーサイト

[2009/08/21 08:55] 術後検診 | トラックバック(-) | コメント(-)

術後 一年目検診 

ご無沙汰しています。

手術してから一年が過ぎました。


先日一年後の検診に行ってきました。


手術前に悩んで悩んでおろおろしていた日々が嘘のように

なんの問題もなく一年が過ぎてしまった感じです。





当日はMRIを撮って、肺機能検査をしました。

まったく問題無しとのこと。

骨もしっかりくっついているそうです。

よかった~!


そしていつものように服を脱いだ背中を触って見てくれて、

前屈して平らかどうかを調べるスケールのようなものを当てて計測し

「まっ平らだね」の一言!



そして背中の写真撮影もありました。

最近は傷を見せて~といっても嫌がって(年頃なのでしょうね)
見せてくれなかったので、私も久しぶりにみました。

白っぽくなってほとんど目立たなくなっていてほっとしました。






MRIをとったのにはもう一つ理由があるそうで、

手術で固定しているため、

その上下の・・・特に腰の部分の骨にストレスが表れて

腰痛になったりと

椎間板に負担がかかってきたりすることが

将来的に予想されるということで(それは術前にも聞いていました。)

そのための経過データーをとっておくということもあるようでした。

今回に関してはまったく問題ないそうです。

そういった経過も記録していってくれるなら本当に安心です。

もしも今後何かあってもきちんとフォローしていただけるようで

とても心強い思いがしました。


本当にこの病院でよかった~!!





腰痛については、私も腰痛持ちですし、

手術をしたしないに関わらず、

なる人はなるしならない人はならないですしね。

さほど気にしていません。



息子はずっと元気にしています。
今流行しているインフルエンザも、相変わらずの注射嫌いで予防接種もせずに
いまのところかからずに過ごせています。



去年の秋から体育をやりたいと言いだし、
主治医の了解をとってすでに体育も再開しています。




本人でないので私は細かいことまではわかりませんが、
腰が痛いとか、背中の違和感を口にしたことはありませんでした。


そんな感じで日常生活にはまったく問題なく過ごせています。



飛行機にのって旅行した時も搭乗前のチェックで
ブザーがなることはありませんでした。




次は一年半検診です。






[2009/02/21 13:01] 術後検診 | トラックバック(-) | コメント(-)

術後半年検診 

暑中お見舞い申しあげます!
いつも私のブログにお越しくださりありがとうございます。
毎日暑い日が続いていますね。装具治療されているかた、術後の装具をつけられている方には本当に辛い季節だと思います。何も力になれませんが、どうぞなんとか快適に夏を乗り切れますようお祈りしています。それにしても年々暑くなってる気がします・・・ご自愛ください。



一ヶ月ぐらい更新があくと一番上に宣伝が出るようになってるんですね・・・知りませんでした。
変な宣伝がでると嫌ですねぇ。






息子の術後半年の検診も無事に終わりました。
レントゲンの結果から何も問題ないようです。
夏休みも近くなり、患者さんの数もすごかったです。先生はお昼ご飯たべる時間があるのかなと心配になるぐらいな忙しさでした。さぞやお疲れだろうと思っていましたが・・・
そんな状況でも・・・ピリピリするでもなく、せかす風もなくまったくいつもと同じ明るく穏やかな笑顔で診察してくださいました。先生そのものが私にとっては一番の薬かもです。って私は付き添いですが(笑)診察に来る不安な気持ちも、先生の笑顔で癒されます。
医療に携わる人はこうじゃなくっちゃ!やっぱり息子の先生は世界一だわ!なーんて改めて思った一日でした。


息子のこの夏休みは、海水浴もOK。ただし飛び込みはやめておいたほうがいいかもとのこと。
前回はもう少し待ったほうだいいといわれたスペースマウンテンもOKがでました。
姿勢良く過ごすことと、背筋を鍛えるようにと言われてました。

日常の生活が手術したことを忘れているぐらいな状態なので、検診時に質問することがほぼありませんでした。後でももっといろんなこと、たとえば・・・august03さんがHPで取り上げているような、術後のカーブが戻ってしまうような方もいるとか・・・そういうことも質問してみたらよかったです・・・。


そういえば息子の身長が少し伸びていました。術前の検診でも言われたのでが、レントゲン写真で骨盤の様子をみると分かるらしく、今回もまだこれからも伸びると言われました。


次回は一年後検診です。かなり時間があきます。聞きたいことが思い浮かんだ時にメモしておかなくちゃ!
[2008/07/19 17:43] 術後検診 | トラックバック(-) | コメント(-)

術後三ヶ月検診 

術後三ヶ月の検診に行って来ました。
レントゲンの結果もまったく問題無しとのことで、コルセットをはずしてもOKと言われました。

背中の傷はまだ少し赤みがありますが、問題ないそうです。



そしてキャッチボール程度の運動ならしてもいいそうです。


息子の質問は「ジェットコースターにのってもいいですか?」というものでした。
予測の付く動きなら身構える準備ができるので大丈夫だそうですが・・・ディズニーランドのスペースマウンテンのようなものは、夏休み位まで我慢とのことです。


最近の手術は固定がしっかりしているので大体は大丈夫のようですが、やはり骨がしっかりできるまでは用心するにこしたことはないようです。


最近の息子は朝学校に遅れそうな時には小走りしたりしてるようです。(笑)
(その点もまぁ無理しない程度なら小走りも大丈夫と言われました。)
学校に持っていく教科書類は相変わらずの量なので、なるべくロッカーに置いているようですが、それでもカバンはかなり重いです。重いものは持たないようにといわれても・・・仕方ないようです。本当はキャリーバックみたいなものがいいのでしょうが、本人が嫌がるので普通のショルダーを使っています。ただノートは以前のような教科ごとのものではなく、ルーズリーフにしていますので、重さ的には少し楽なようです。ちょっとした工夫が大事ですね。


痛み止めはまったく飲んでいません。学校の宿題や予習で1時ぐらいまで勉強することはありますが、体力的に疲れることはあっても、術前のように腰痛や背中のコリを訴えるようなことはまったくなくなりました。ただ寒い日などは腰が冷えてなんとなく痛いというようなことはありました・・・これは金属がはいってるせいなのかなぁなんて二人で話したりしていますが、背中が突っ張ったりなどの違和感や不快感を訴えるようなことは一度もありませんでした。

ただ一ヶ月検診を過ぎたころでしょうか・・・花粉からなのかくしゃみが出るときに腰に響く~と嘆いていたことはありました。


病院によって運動などについての開始は違うようですが、息子の先生はとても慎重です。息子も今は運動部にも所属していませんし、それほど運動に執着もないので、焦らず一本の強い背骨になるまで慎重にのんびりすごせたらいいと思っています。本当にいろんなことが順調で、まっすぐな背中を見るたびに手術をしてよかったと実感しています。

これから薄着になる季節。今流行りのピタッとしたTシャツも着れそうです。
あんなにがんばったんだから、これぐらいのご褒美は喜んでいいですよね?


コルちゃんには、息子の体を守ってくれてありがとうと感謝です。
出来上がった日には、つけたくないという息子のわがままも半分ぐらいあって、あちこち修正してもらいましたが、嫌な顔一つせずに細かく修正してくださり、パットもつけたり剥がしたりこっちが恐縮してしまうぐらいいろいろ考えてくれました。病院に来てない日でも直接装具屋さんに来てくれたら直してくれるとおっしゃってくださったり・・・結局伺うこともないまま、その後一度も不具合もなく使ってこれました。本当に感謝しています。


三ヶ月何事もなく無事に過ごすことができて、息子を支えてくれた全ての人や・・・物にまで感謝の気持ちでいっぱいになります。次は半年検診です。元気で安全にすごせますように~!


[2008/04/30 16:52] 術後検診 | トラックバック(-) | コメント(-)

術後一ヶ月の検診と登校と 

今週はいろいろと忙しい一週間でした。

息子の退院後一ヶ月の検診がありました。
久しぶりの病院でしたが、なんだかなつかしいねぇなんていいながら入り口をはいりました。
小雪がちらつきそうだった退院の日からすると、気候もかわって、なんだかずいぶん遠い昔のことのようにも思えます。

レントゲンの結果異常無しとのことです。心配していた下の方の小さい傷は、もうすっかり乾いていましたし、このままだんだんによくなっていくそうです。まっすぐな長い傷も今はまだ盛り上がったようになっていますが、完全に直ると逆に少しへこんだようになるそうで、ちょっとびっくりしました。


また血液検査があったらどうしよう~・・・、なんて相変わらず注射大嫌いなのでそのことだけが心配だったようです。(笑)受験の時ですら、ほぼ全員が受けているインフルエンザの予防注射も受けなかった子ですから。もちろん手術前も予防接種はうけませんでした。(汗)


とにかく異常なくてほっとしました。次は術後3ヶ月の検診です。

帰りに忘れ物を受け取りがてら病棟によりました。そして久しぶりに看護師さん達にもあえて息子もなつかしそうでした。

そしてリハビリテーション室にも顔をだしました。検診にきたら寄ってねと言ってくれた療法士さんが、早速バランス感覚の測定してくれました。術後すぐよりも揺れ幅が小さくなってるそうで、動きも安定してきたんだろうとおっしゃってくださり嬉しくなりました。息子も入院中で一番楽しみにしていたリハビリだったので、久しぶりにお会いできて嬉しそうでした。また次回来た時にもよってねっていってくれました。

売店で売ってるパンを食べたりして、なつかしい気分に浸ってきました。(笑)






そして登校再開です。本当はもっと早くてもよかったのですが・・・この件についてはすでに書いているので略しますね。
帰ってくるとさすがに疲れるようで昼寝ならぬ夕寝をたっぷりしています。(笑)久しぶりにお友達と再会できて楽しくやっています。ここのところずっと痛み止めももう飲まずにすごしています。






そして私は今週は息子の卒業した中学にもいって、校長先生とお話してきました。
話下手なのでちゃんと上手く伝わったかどうかがちょっと心配ですが・・・(汗)
とりあえず資料として少しコピーしたものを持っていきました。august03さんのサイトも一部コピーさせていただきました。(前もって了承していただいています)
資料を作りながら、自分でも分からないことが多く説明できないなぁと思い、改めていろいろ調べたこともありました。勉強不足ですね・・・。


まず息子のいた中学は、今は下の息子が通っていますが、検診の仕方としては内科医が触診にて観察をして疑わしい子には通知で知らせているそうでした。でも・・・うちの息子は中2の時点で25度あったわけですが一度も側彎の疑いがあると言われていませんでした。そのことをお話すると、きちんと今後の検診の仕方についても見直し検討するとおっしゃって下さいました。

そして思春期の子供の・・・特に女子に多い病気であることをお話しし、病気についての知識を得られるような場をもうけたり、専門医があるので必ずそこを受診することも教えて欲しいと話しました。治療についても・・・たとえば装具治療になった場合も学校生活に精神的な面で負担にならないように溶け込めるよう配慮してあげて欲しいとお願いしてきました。

何しろ私は始めて聞く病気でしたし、情報もなく不安でした。もしもみんなが何かしら思春期に身近にある病気だという知識を少しでも頭の片隅にもっていれば、コルセットなどももう少し気軽に受け入れられるのではないかと思います。この時期のコルセットでの治療は本当に大事だと思いますから。


何の用件で伺うかを前もってお知らせしていなかったのですが、校長先生は側彎症のことを良くご存知でした。日ごろから一本筋の通った方として尊敬していましたが、なんだか期待できるようで嬉しいです。とはいえ単純に学校単位で変えていけるものなのか分かりません。それでも意見としてきちんと取り上げて検討してくださるようですので期待してみたいと思います。現在疑わしいと思われる生徒は何名かいるそうですし・・・。



息子のことについて、学校検診で早期発見されなかったことを責めたりしているわけではないので、その点はきちんとお話しました。過去のことをいろいろ言っても仕方のないことですし、今の息子は元気に明るくまっすぐな背中と共に生活しています。その様子が何より私達家族には幸せなことです。この先何か辛いこともあるかもしれません。考えだすと不安になることもありますが、でもそれはそうなった時に考えればいいと思っています。きっと何とかなるはず・・・ノー天気ですかね・・・。今できることを精一杯すればいいと思います。それに何より、もう家族だけで悩まなくてもいいんですよね?信頼できる先生もいるし、親戚も友達もいるんですから。

息子にとってはもう手術のことは過去のことになりつつあるようです。

そして私は少しずつですけど何かできることを見つけていきます。医学も少しずつ進歩していますから期待したいです。側彎症の人達が暗く一人で悩むことのないように、みんなが少しずつ何らかの形で助けあえたらいいと願います。



[2008/03/14 22:50] 術後検診 | トラックバック(-) | CM(2)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。