スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

「ザ!世界仰天ニュース」での側彎症の放送について(29日 追記あり) 

日本テレビの「ザ!世界仰天ニュース」で側彎症について放送されるそうです。
どんな内容なのかとても不安です。

親として、手術をして元気になったとはいえ、息子の将来については計り知れない不安があります。


側彎症は病気です! 仰天するようなニュースではなく・・・エンターテイメントとして
面白おかしく取り上げられようなものではないと思います。
あまりその番組をみたことがないのですが・・・まじめな番組なのでしょうか?
題名からくるイメージとしては、バラエティー番組っぽく感じてしまいます。

きちんと側彎症学会の医師による病気についての正しい説明があるとかならいいですが・・・

この病気は思春期の・・・特に女の子に多い病気ですよね?
そんな多感な子供達・・・大人の患者さんももちろんですが、
いい加減な放送で好奇の目に晒されるようなことがぜったいにあってほしくないです。
日本テレビのHPと番組掲示板にも投稿して、
細心の注意をはらってほしいとお願いしてきました。

中途半端な情報から不安をあおり、
間違った治療の道に進んだりすることのないようにと祈ります。


情報の少ない病気です。
だからこそきちんとした知識の伝達の場になってほしいです。



      


      こどもたちの背中を整体から守るキャンペーン
  ~ 私たちは患者を保護するために整体を規制する法制化を求めます ~ 






   ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


その後について (5月29日追記します)

昨日の放送では内容変更があったようですで、側彎についての放送部分はカットされていました。
番組HPでは変更になったことは何も記載がなかったですね。

私としてはきちんと医学的立場に立った内容であれば放送してほしかったですが、
昨日番組自体初めてじっくりみましたが、そういった趣旨の番組ではないようでしたね。


でもテレビの効果ってすごいですね。私のHPでもあの番組名の検索で訪問してくださる方が、放送前も後もすごいです。番組名の後に側彎症もついての検索も多いので、やはり病気について知りたいと思ってらっしゃる方は多いようです。

テレビで医師の監修の下での番組が放送されたら、この病気についての正しい知識の普及には一番いいのかもしれませんね。誰にでも起こりうる・・・きちんと治療の道のある病気と分かって、みんな普通にコルセットとかできるようになったらいいのになぁと思います。何か私にできることはないかよく考えてみます。


これからの蒸し暑く、湿気の多い時期にコルセットでの治療をされるかた、また術後コルセットを保護でつけなければならない方、辛い時期だと思いますが、医師の診察のもとできるだけ時間など守って、何か工夫してつけられることを応援しています!

体に熱が篭って熱い時には首の後ろのほうを冷やすといいと聞いたことがあります。例えば熱中症とかで気分の悪い時にもそこを冷やすといいらしいです。コルセットをはずして涼んだりできない時には試してみてください。

スポンサーサイト

[2008/05/23 15:30] 病気について | トラックバック(-) | コメント(-)

学校検診  

長男の通っていた中学の校長先生に側彎検診についてお話をしにいった事を、少し前の記事に書きましたが、その後についての報告です。

下の息子が同じ中学に通っていますが、息子が持ってきたプリントに5月に行われる学校検診についてでていて、なんとそこに側彎症のことが書いてありました!

校長先生のお話では今までの側彎検診は校医が背中の触診と、外見を見るだけとのことでした。
でも今回は前屈による検査と書いてありました。

そして少しではありますが病気についての説明文もあり、矯正が必要とも書いてありました。


なんだかすごく嬉しいです。先生にお話をしにいった甲斐がありました。私のほんの小さな声が少し届いたようなきがして、本当にいってよかったなと思いました。


少しでも早くに発見されて、矯正での治療を始められるきっかけになったらいいですね~。

そしてきちんとした側彎外来を受診してほしいです。



        
         こどもたちの背中を整体から守るキャンペーン
  ~ 私たちは患者を保護するために整体を規制する法制化を求めます ~


「~ step by step ~ [ 側弯症ライブラリー] 患者の皆さんへ」でその恐ろしさの全てが紹介されています。是非ご覧になっていただきたいと思います。私はaugust03さんの趣旨に賛同する者です。
        




[2008/05/08 08:41] 病気について | トラックバック(-) | コメント(-)

VEPTR 

息子は手術をしてまっすぐな背中になり、先日の三ヶ月目の検診でも問題なしといわれました。
母として子供が元気でいてくれることは何物にもかえられない幸せなことです。

息子が側彎症という病気になってみて、健康でいられるありがたさを身にしみて感じました。
そして子供や家族が病気になった時の辛さや苦しみも・・・また乗り越える勇気や喜びも・・・。
親であれば子供の幸せを願うのは当たり前のことです。

先天性の側彎症のお子さんを持つ方たちがVEPTRの認可を受けるために活動しています。

子供の笑顔はみんなを幸せにしてくれます。



側わん症:VEPTRの会
http://blog.goo.ne.jp/dpkgs302



[2008/05/01 08:27] VEPTR | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。