スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

入院二日目 

手術前に深呼吸の練習をするように言われていましたが、どうも胸式呼吸ができませんでした。腹式はできるのですが・・・。なので練習する道具があるとのことで入院した日に看護師さんからの指示で購入しました。

プラスチック製の筒状のもので呼吸する時に負荷がかかるようになっています。なんとも面白い音がする道具です。

手術後は全身麻酔の影響で肺に負担がかかるようで、無気肺や肺炎になりやすくなったりするそうです。そのため深呼吸の練習が大切だそうです。

それを一日に10回ぐらいやってくださいといわれました。帰りたいを連発している息子でしたが、昨夜ちゃんと練習していたようです。ちゃんと手術に向かう気持ちになっているんだなと感心しました。偉いねって思わずほめちゃいました。


婦長さんが覗きにきてくれて、またここでも痛みに弱いということをお話したら、婦長さんの息子さんも同じですと言ってくださり、痛いって叫んでもいいのよと、ただどこがどんな風に痛いとかを伝えてくれたら出来るだけそれを取り除けるように努力しますから安心してね。といってくださり、温かい言葉にほっとなごみました。


この日は主治医からの手術の説明があり、夫も息子も一緒に説明をうけました。
手術にいたる経過、手術の目的、手術による合併症について等、とてもわかりやすく子供にもよくわかる説明でした。骨のモデルを使って、今までとったレントゲンなどの写真も一緒に見せてもらい、過去の手術例のレントゲンも見ることができました。


息子の場合は腰椎型の側彎です。後方からの手術で、下の三つの骨を残し、その上6個を固定することになるそうです。金属はチタンを使います。チタンについての安全性や利点の説明もありました。

息子は合併症のところでは少し怖くなってきたようでした。

先生は言葉のわかる年齢になったら、小さい子供にでも全て説明していますとおっしゃいました。自分でがんばってもらうことだし、もしも何かあって急な処置が必要になった時にも、何が起きたのかをしっかり理解できるし、自分でがんばる意志をもって欲しいとのことでした。

先生のお話には強い自信と確かな技術を感じることができました。初めてお会いして以来、本当に信頼できる先生だとは思ってきましたが、私もこれで何も迷うことなく全て先生にお任せできるという気持ちを固めることができました。
スポンサーサイト

[2008/02/28 19:11] 術前 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。