スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

手術当日 

いよいよ手術です。

始発電車にのって出かけました。息子はベッドに横になりうとうとしていました。下剤の影響で何回かトイレにいったようで、これからまた最後の浣腸があるのでそれを待っているところでした。

先生が見えました。いつもと変わらぬ明るく笑顔で「大丈夫ですよ。ちゃんとやりますから安心してください。」と。その笑顔をみて本当に安心しました。

予定よりもかなり送れて浣腸がありました。
その後トイレに行くもなんだか残便感があるようでした。

担当の看護師さんがドキドキしていた二人に、すごく明るい声で「じゃっ 行きましょうか?!」って声をかけてくださり、なんだかその明るさにものすごく救われた気がして。私も、あっ、笑顔笑顔!!ってドキドキをふきとばせました。
そして歩いて手術室に向かいました。途中またトイレに・・・。


今日は手術が多い日らしく次々と手術室に入っていく人達がいました。


手術室の前で握手をしました。なんだかじーんとなってちょっと泣いてしまいましたが、息子が心配そうな顔をしたので、いけないいけないと笑顔に!

そして元気に手を振って息子は入っていきました。息子が中待合にいるのが見えてたので、見えなくなるまで何回も手を振りました。中で帽子をかぶってる姿がみえました。





息子は小さい頃泣き虫で、よく弱音を吐いたりする子でしたが、強くなったなと感心しました。最初入院した時には、嫌で嫌で、夜中に逃げ出して帰ってきちゃうんじゃないかとさえ思ったぐらいでしたが、自分を見失うことなく、私達の決めた決断に納得して信じて従ってきてくれたことに・・・感謝の気持ちのようなものを感じました。今日までがんばってくれてありがとう。そして手術がんばれ~! 背骨よがんばってくれ~って思いました。


夫が下の子を送り出して手術が始まってから到着しました。
待合室で今朝の様子など話して待っていました。
看護師さんが手術終わりましたから、連れにいってきますねとの報告。3時間半でした。

ICUにはその日の手術で一番重症な患者さんが入るそうで、息子は入らないことになりました。
ナースステーションの隣の部屋に移動になりました。

点滴を両手につけて、酸素マスク、血抜きのドレーン、尿道からの管、心電図のような(?)小さなモニター、足には血栓症予防の運動器具をつけてベッドに横たわっていますが、すでに麻酔から覚めていました。

部屋に入っていくとすぐに、「お母さん元気だった?」との質問(笑)元気だったよというと。看護師さんが、ずっとお母さんのこと心配してたもんね。って。息子に「手術室に入る時に泣いたりするから心配だったんだよ。泣いたらだめじゃん。」と叱られました。反対に息子に心配されてたなんて・・・またまた駄目駄目な母親ですね。
先生のことは心から信頼してたから手術は不安じゃなかったけど、一人で手術室に入って行く様子が・・・ちょっと寂しいかなって思っちゃって・・・と話ておきました。子供は親の顔色一つでいろんなことを思うものですね。しっかりしなくては。


程なくして主治医からの説明がありました。手術着の先生はスポーツでもしたように汗をかいたようで、でも一仕事終わらせたという感じの清々しい様子でした。術後のレントゲンを見せてくれて、しっかり骨が固定されてロッドの様子もよくわかり、固定した箇所がまっすぐになっていました。

手術自体は2時間ぐらいで終了したそうでした。出血は少なく手術中で出た血液を洗ってまた輸血したので自己血は使わなくて済んだそうです。大体200ccぐらい再利用で輸血したそうでした。そんなことが出来るなんてすごいです。
麻痺もなく無事に終わりましたとのご報告をいただきすごく嬉しかったです。一緒に担当してくださった先生も、相変わらずニコニコで、本当にいつも明るい雰囲気です。

息子は痛いと時々言ってモルヒネを押していましたが、それほど苦痛ではないようでした。足もちゃんと動かせます。
ただ左腕が痛いと言っていて、先生には、手術中にうつ伏せだったので、その時の格好で何か痛みがでてるのだろうから、麻痺とかそういった類のものではないから、腕を時々動かすようにして様子を見ましょうと言われました。1~2日程でその痛みは消えました。

看護師さんは最初は10分おき位に熱を測ったりチェックしていました。熱は大体37度代でした。38度5分以上出なければ心配要らないとのことでした。

麻酔の影響で吐き気が出たりする事もあると言われていましたが、手術時間が短かったせいもあったのか、まったくそういう症状はありませんでした。

酸素マスクの中で鼻がむずむずするそうで、くしゃみがでると骨に響きそうなので、時々あわててティッシュで拭いたりしました。(笑)

それと口が渇くようで、まだお水は飲めないので、大き目の綿棒のようなもので口の中を湿らせました。


またまた血液のことでは驚きましたが、傷の血抜きで溜まった血をその場でろ過して輸血しました。自分の出した血は出来る限り再利用できるってすごいですね~。



モルヒネのせいでうつらうつらしていましたが、よくしゃべっていました。でも後で話すと、病室に来てすぐに言ってたことはほとんど記憶にないらしいです。すぐに携帯みたい~といって特別に婦長さんがOKしてくれて一瞬だけメールチェックさせてもらったのですが、それも憶えてないようでした。(笑)

夜八時には水を飲んでいいとの許可がでました。

9時には夫は明日に備えて帰り、私は一泊付き添いすることにしました。


看護師さんが手際よく足の下にタオルを差し込んで、少し高くしてくれたり楽にしてくれました。それでも足がだるいというのでマッサージを度々してあげました。

夜も足がだるいとか、のどが渇いたなどでほとんど気になってうとうとするぐらいの状況でしたが、大きな変化はありませんでした。夜中にも担当の先生が見に来てくれていました。


術後痛みのスケールを退院するまで使うようになりました。
こういう形で痛みを表現すると分かりやすいですね。




      ・・・・・・・・・・・・・・・

後で聞いた手術室での状況です。

ドラマでみたような天上からの沢山のライトが綺麗でちょっと感動したようでした。(余裕がありますね)
そして麻酔科の先生が手の甲を脱脂綿みたいなもので強く数回擦り、何かが付いていたらしいですがすーっとしたそうです。そしてそこの感覚がスーッとして麻痺したようになったところで局所麻酔の細い針の注射をして、そこに太い針をさし、点滴で麻酔薬を入れていったようです。(申し訳ありませんが息子の状況説明なので正確かどうかは定かではありません。)
そしてその間もう一人の麻酔科の先生が、他のモルヒネやモニターなどの器具をセットしながら、リラックスさせるようにいろいろ話かけてくれたようです。麻酔の点滴が始まると、目をつぶってリラックスしてねといわれ・・・記憶はそこまでだそうです。



スポンサーサイト

[2008/02/29 17:46] 術前 | トラックバック(-) | CM(0)

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。