スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

最近の様子 

ここまで一気に・・・忘れないうちに(笑)と更新してまいりました。申し訳ありませんが、今後の更新は非常に不定期になります。

何しろ不器用なもので、あまりにパソコンにかじりついていましたので家事や、子供のことがかなり疎かになってしまっています。まぁ元々ぐうたら主婦なのですが・・・



息子は元気にしています。外出時もコルセットをさっさとつけて嫌がらずにでかけます。私がよく行くサイトでコルセットのことを「コルちゃん」って呼んでる人もいるんだってと病院にいた頃に話したのですが・・・その時から息子も同じように呼んでいます。外出時には「コルちゃんつけなくちゃ~」みたいに(笑)息子の体を守ってくれる大切なものですから大事に可愛がって扱っています。今は季節的に外に行く時は温かくていいようです。

最初のころは締め付け感になれなくて気持ちが悪いと言っていましたが、この頃は自分で調節しているようです。

ギブス屋さんのお話では、わざわざコルセットをつけてテニスとかのスポーツをする人もいるそうです。安全のためだそうですが、体を守ってくれる強い味方ですからね。


テニスで思い出しましたが、術前の主治医からの説明で・・・一年たって背骨がきちんと一本の強い骨になったら、楽しみでやるスポーツはどんなものでもやっていいと言われました。テニスやスキーやスノボーもだそうです。また家族でスキーにもいけるようです。まぁだんだん家族とはいかないって年齢になっちゃうかもしれませんが・・・でも誰と行くとしても大好きなスキーが出来るって事が嬉しいことです。
そのことがひっかかっていて、でもなんだか息子も質問しなかったし、私も無理なのかなって思っていたので、決定的な答えを聞くのが怖くて聞けずにいたので本当に嬉しかったです。



動きはだいぶ普通になってきました。でもまだ長いこと歩くと疲れるようです。

痛み止めはもうほとんど飲んでいません。飲むことを忘れています。

あとはものが下に落ちた時とかに屈むのがちょっと辛いようです。家だと裸足ですから足の指でつまみあげたりしてますけどね(笑)

まだ走れないので、信号の変わりそうなところや、駐車場の中など歩く時に、車をよけたりする時には注意が必要です。道を歩いていても、当然よけるだろうと相手に思われてるような場合でもとっさにできないことがあるので、ぶつかったりしないように気をつけるようによく言っています。






病気をしたせいで息子の経験したことは本当に多かったと思います。

入院中でのことですが、トイレから帰ってきたときに「今ね 足のない人にあったよ」 と神妙な面持ちでした。病院ですから本当にいろんな病気の方がいて当たり前なのですが、ショックなことも多いのかもしれません。息子はそのような方たちが歩く練習をする姿をみて、自分の今の状況と照らし合わせているのか・・・自分なんてたいしたことないやと言いました。病気だけじゃなくみんないろんなことがあるけど、それを乗り越え前向きに生きていくことをここで少し学ばせてもらったように思います。


早いもので来週は一ヶ月検診です。その後学校に復帰します。
本当はもっと早く少しずつ通わせる予定ではあったのですが、学校の行事の関係で来週からにしました。何が心配って・・・早起きができるのかどうかが一番心配です。(笑)

また特記事項などございましたら更新させていただきます。
ここまで読んでいただいてありがとうございました。医学的な知識がないため、いい加減な記述であった場所も多かったかと思いますが、一つの体験談として、何か少しでも参考になったことがあれば嬉しくおもいます。

今もこの病気で悩み、苦しんでいる方はたくさんいると思います。同じ病気と闘っている人はたくさんいます。

だからあなたも一人じゃないですからね!

一日も早く専門医に診てもらってくださいね!
スポンサーサイト

[2008/03/05 17:33] 退院後の生活 | トラックバック(-) | CM(4)

momさん、こんにちは^^
ほんとうに、一気に書きあげましたね~
でも、そういうものかもしれません。
そのほうが、きっと気持ちも収まるべきところに収まると思います。

これからはどんどん回復していきますよ^^
息子さん、まだまだ若いですから、何でもできるようになります。
きっと、本当にこの子、手術したのかしら??ってくらいに。

そして、家族みんなで、側わん症の手術のことを、人生の良い経験として、
いつかお酒を息子さんと飲みながら、語り合える時がくるかと思います。

本当に、良かった・・・。息子さんが元気に帰ってきてくれて。。。

これからも、ずっと応援しています。
私も同じ側わん症。「仲間」ですよ♪息子さんとも、それからmomさんとも・・・。
[2008/03/05 20:39] JUNA [ 編集 ]

JUNAさん コメントありがとうございます!
これを書いてみてJUNAさんのHPがどれだけすごいか、そして掲示板の管理がどれだけ大変だったかということを身をもって感じました。でもそれがあったおかげで一歩を踏み出せる力になりました。ありがとうございました。
息子の手術が決まってから断っていたお酒を、退院の日に久しぶりに飲みました。おいしかったです~。本当に一緒に飲めるようになるのが楽しみです。
優しいお言葉ありがとうございます。私もずっとずっとJUNAさんのこと応援しています。お会いしたこともないのに、大切なお友達のように思ってます。JUNAさんみたいに手抜きせずもう少しお料理もがんばらなくちゃ~!またブログも楽しみにしています!
[2008/03/05 21:18] mom [ 編集 ]

はじめまして・・・

うちの娘もこれから手術を控えているために、わらにもすがる思いでずっと拝見させて頂いていました。
一ヶ月間、術後の壮絶さをよく教えて頂いて、またこれから手術を受ける側からすると貴重な事をたくさん教えて頂きました。本当に感謝しております。
学校への復帰、色んな意味で心配ですよね。
若い分、凄く回復も早く、本人にしか本当のところは分かりませんが、良かったって心から思っています。
改めまして入院手術お疲れ様でした。

うちもこれからです。小さな体で本当に耐えられるのかと心配がつきず、こうしてごく最近の入院手術の情報もなく、何をしていいやらも分からず、本当に寂しく悲しく不安な生活です。
私もmomさんの様に乗り切り、娘と笑顔で生活をすることが最大の目標です。

息子さん、痛みに耐えて凄く強かったですね。
良い先生に巡り会えて良かったですね。
今後も引き続き、ご快復にお祈り申し上げます。
[2008/03/06 11:57] にょん [ 編集 ]

にょんさん コメントありがとうございます!
参考になったことがあったようで嬉しいです。息子のことも優しいお言葉ありがとうございます。
にょんさんの不安なお気持ち、本当に手に取るようにすごくよくわかります・・・。でもうちの息子は本当に痛みに弱くて・・・小さい頃から予防注射ではいつも大泣きでしたし、術前の血液検査でさえ脂汗を流す子なので・・・術後の痛みでどうにかなってしまうのかと思って不安でいっぱいでした。そんな息子でさえ乗り切れましたから。若いと体も柔らかいし、痛み止めもきちんと使ってくれますから、お嬢さんもきっと乗り切って元気に退院されるはずです。息子は私が不安そうだと、とても不安だったようです。お母さんの笑顔がお子さんにとっては何よりの支えだと思います。お嬢さんのこと私も応援しています!!
[2008/03/06 20:18] mom [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。