スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

医学の進歩を望んでやみません 

リンクさせていただいている august03さんのサイト
息子の一年検診のことを記事にしていただいたようです。
ありがとうございます!

コメントを書いてくださるおつもりだったようですが・・・
申し訳ありませんが現在コメントを受け付けない仕様にしております。

コメントを頂いく事はとても嬉しいことなのですが
よくよく考えてみると
このブログはプロフィールにも記したように
単なる体験談としてのブログであるわけで
広い意味においても医学的な知識を持ち合わせていない私が
病気のブログのコメントに返信はやはり無理だと悟ったわけです。
なので記録として留め、一つのご参考程度にしていただけたらと思います。


さて、
先ごろ
august03さんのサイトの特発性側彎症の掲示板で
目を引く書き込みをみつけました。
金属棒のない手術の件です。

私もそれを読んだときにはとても驚き
少し前にaugust03さんがブログで紹介されていた
アメリカ式のコの字型の金属で固定する手術が
ついに日本でも始まったのかな~と
わくわくしてしまいました。

でもその後またaugust03さんの記事にて
その謎が解けました。

最初にコメントされた方は
きっと見たままの状態を説明されたのでしょう
それはそれで
何の問題もないと思います。


ただ読み手にとっては
とにかくきっとびっくりしたんですよね~



その個人を批判したりなどという感じは
その後のコメントから感じられませんでしたしね。

本当にあるのかなと
事実関係を調べてくださったのです
掲示板を管理するお立場上
当然のことと思います
または実際にこの病気と戦っている人達にとっては
かなりの衝撃です


動きに制限もない手術なんて~
あってほしい~~って思っちゃいます

でも残念ながらまだその最新の手術は行われていないようです。



でもその投稿した方は

前転などしても大丈夫なんですね~!すごいすごい!





息子も一年を過ぎて
どんなスポーツでもしていいですよって言われましたし
やればできるのかもです。

ただ
敢えて背骨に負担のかかることはしないほうがいいのかなと
思っていますので・・・
ちょっと前転は怖いんじゃかな(笑)

でも昔のように
うつ伏せになって上体を起こして反り返ったりはやっていますよ。
ソファーの下に落としたものを探すのもうまーく体を屈めてやっています。
思ったよりもいろいろできるようです。



見たまま思ったままを書いたりできるのが
ネット上の掲示板ですね
でもそれを管理している方は
責任から
事実関係を調べて下さっている

間違った情報というのとはちょっと違うけど
記載された状況がどんなものなのかを検証してみるとか

やはり掲示板を管理する上でとても重要なことであり
安心してその掲示板を利用させていただけます
いつも信頼できる情報の発信には頭がさがります



そしてお名前は出しませんが
主治医に確認してくださった方もいらして
ありがとうございます!
側彎学会に参加されている先生のようですし
そんな事例についてはやはり情報はきちんと入っていらっしゃうはずですから
そちらの情報も本当に信頼できありがたいことです


あ~でも
私個人としては
早くそんな手術ができたらいいのになぁって
今後の側彎症の治療や手術について・・・
いえ
それ以外の全ての病気に対して
医学の進歩を望んでいます。
わくわくしながら待ちたいとおもいます。


先生達ファイトーー!!



そして今も側彎症と戦っている皆様やそのご家族の方々
信頼できる医師とめぐりあえること
心よりお祈りしています。

まずは日本側彎症学会のHPへ!








スポンサーサイト

[2009/04/14 18:05] 病気について | トラックバック(-) | コメント(-)




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。