スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

[--/--/-- --:--] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

三番目の病院 

ついに三番目の病院にいく日がきました。

今回は夫も一緒に行ってくれることになりました。
朝早くにでかけましたが、混みあっていて診察は午後になりますとのこと!やっぱり人気の先生なんだな~と驚きましたが、待つこともぜんぜん苦になりませんでした。

午後になりますから外に外出されてもいいですよと看護婦さんも言ってくれたので、夫もいるので三人で久しぶりに息子の好きな牛タンを食べに出かけ、なんだか楽しくすごしました。


そして待ちに待った診察の時間がきました。
どんな先生なんだろうってもう心臓ドキドキでした。(笑)


お会いして第一声が「メールの方ですね」と憶えててくれました。お待たせしてすいませんねとのねぎらいの言葉まで!


そしてその後、子供の体を実際にみてくれました。
出っ張った背中の部分をスケールのようなものではかり、「この辺痛いでしょ?」と。そういえば、今までの病院ではレントゲンでの診察だけだでした。実際に体を触って診てくれたのはこの先生が初めてです。こういうことにもまた感動しました。

最初の病院でレントゲン写真を借りる時に、多分持っていっても今の状況のレントゲンを撮るからこれはまったく見ないと思いますよって言われたのですが・・・。(二番目の病院では一枚だけみてくれました。)

ここでは他院のレントゲンやMRの写真も全てチェック。
量が多くて広げるのやしまうのを私も手伝ったぐらいです。(笑)

そして朝からびっちりの外来でお疲れのはずですが、明るく穏やかな対応、患者や保護者の目をしっかりみてお話してくれました。

前の病院での2回の手術と言われた件も、たぶんこういうことかも・・・と詳しく説明してくださり、その考えを否定することもなくきちんと説明してくださいました。しかしこれなら一回で大丈夫でしょうとのことでした。


その後、当院でもレントゲンを撮らせてくださいと、撮った後もう一度診察室に呼ばれましたが、最終的に角度は45度と言われました。また進んでいました・・・誤差が2~3度ありますからねとのこと。その場でさっさと手際よく図ってくれました。他の患者さんへの対応をみてみても、医療に対する熱意を感じさせる・・・お仕事が好きなんだなって思わせる診療ぶりでした。

一緒に手術を担当しているという先生のことも紹介してくれましたが、またその先生もニコニコとしていて・・・とにかく全てが明るい雰囲気でした。

こんな状況でしたので、即答でこちらで手術をお願いすることを決めてきました。


本当にここにたどり着けてよかったと、背中を押してくれたすべての人に感謝したい気持ちで、家にたどり着いてからほっとして涙がでました。


それにしてもこの1年ちょっとで27度から45度です・・・
改めてこの病気の恐ろしさを感じました。子供の成長を喜ぶべきところ、止まって欲しいとさえ思わせる・・・。
スポンサーサイト

[2008/02/27 14:46] 病院選び | TB(0) | CM(2)

はじめまして

手術が無事終ってなによりです。うちも昨年7月に終わり、先月中旬からテニスの部活も再開しております。
主治医には軽いジョギングや軽く打つ程度なら良いとしぶしぶ言われたのですが、実際に打つ姿を見ていないのでどの程度やっているのかは定かではありません。
自分の身体なので自分の判断に任せようと思います。もうじき中三ですし。
うちは側わんが発覚して2年目に手術を受けました。塾の先生とも相談して、どうせやらないといけないなら延ばさずに早くした方が絶対良いと言われ踏み切りました。いまだに背は低いですが、ピークも過ぎていましたので。
でも、回復がとても早くてビックリしました。術後のコルセットもありませんでしたし、運動と自転車に乗る以外は何の規制もありませんでしたから。かばんも普通どおり持っていいとの事でしたから、生活自体は何の変化もありませんでした。コルセットをしなくてよくなり快適になりました。
私達にとって、既に側わんは過去のものになっています。息子も本当にそう思っている、とうれしそうに話していました。息子にはもう未来しか見えていないようです。治療の間、手術までの間はとても不安だったんだなとその時よくわかりました。治療中もとても前向きだったので無理をしていたのはわかっていましたが。

手術をして側わんを止める事ができただけではなく、本当にいろんな事を考えられたり経験できたりしたので息子だけではなく、私自身もとても勉強になりました。幸せがどういうものか、この歳になってやっとわかったような気がします。辛い経験が家族を幸せにしてくれたと思っています。

子供たちがこれからの人生を大切に楽しく精一杯生きてくれる事を信じています。
[2008/03/08 15:10] ピース [ 編集 ]

ピースさん コメントありがとうございます。
息子さんの回復の様子を伺えてとても心強いです。
テニスにも復帰できたようでよかったですね!
側彎の場所や手術方法や年齢的な事とか、その他いろいろな条件によっても術後の様子は違うのですね。
手術から得たものは確かに大きかったと思います、これから実感することもまた多いと思いますので、この経験を次のステップに生かしていかなければと思っています。
いいお話を聞かせていただきました。ありがとうございます。
[2008/03/08 18:29] mom [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://motherdiary26.blog70.fc2.com/tb.php/8-0a4e844f






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。